WANLOVEの理念

犬をトレーニングする、問題行動を修正する、しつけをする、という事を考える時、多くの飼い主さんは「犬に動作を覚えさせたり、何かを学習させる」事を考えがちですが、メインにあるのは「飼い主さんと犬との関係性を構築する事」です。

「遊び」を強化し、「遊び」に夢中にさせる事、すぐに「遊び」のモードに入れる状態を作るだけで、多くの問題行動は怒鳴ったり、叩いたり、リードを引っ張ったりする事なく回避できます。

WANLOVEではお客様から犬をお預かりしてトレーニングをしたり、トレーナーのみでトレーニングを行ったりしません。
大事なのは飼い主さんがご自分で犬をコントロール出来るかどうか?だからです。
必ず飼い主さんにトレーニングに参加して頂き、飼い主さんがリードを持ち、コントロールしていく方法を学んで頂きます。

ベースとなるトレーニングは同じ(個体差、性格や嗜好によって個々の進め方は異なります)ですが、それ以降は飼い主さんのご希望に沿ってトレーニングメニューが変わります。
カフェマナーやドッグスポーツ、ドッグラン等でのオフリードでのコントロール等、ご希望があればなんでもお申し付け下さい。

怒ったり、叩いたり、チョークチェーンでショックを入れたりして関係を成り立たせるのも、褒めたり、遊んだりして関係を成り立たせるのも、恐らくたどり着きたい場所は同じだと思います。
しかし、なぜ犬と暮らし始めたのか?をもう一度考えてみてください。
可愛がろう!楽しもう!と思って犬と暮らし始めたのではないでしょうか?
ならば、楽しみながら関係性を成り立たせる方法を選択したほうが良いのではないでしょうか?

WANLOVEでは遊びや楽しみを通して動作を引き出し、飼い主さんとの良好な関係性を構築していきます。
犬は楽しい事は夢中で一生懸命やりますが、つまらない事を頑張ってしたりしません。
楽しいか?楽しくないか?は犬が伸びるかどうかの重要なポイントになります。

ドッグトレーニングするという事は単に犬に動作を教える作業ではなく、人と犬の関係性を構築するための作業です。
犬にして欲しい行動は全てにおいて強化(褒める、遊ぶ、オヤツを渡す、撫でる、etc・・・)すべきです。
効率良く行動を強化し、定着(習慣化)させるのに重要なのは強化のタイミングとそこに楽しみが介在するかどうかです。


犬は努力したり、つまらない事に興味を持ったりしません。
しかし、楽しい事には夢中になる生き物です。
犬を擬人化して考えてはいけません。
犬は犬として正しく向き合いましょう。
Today's Schedule